研究の成果
ZEROの独自成分
ラインナップ

琥珀エキス、さらなる進化。

ヤマノ最高峰ブランド
50代からの加齢による悩みにアプローチした、
スペシャルエイジングケアシリーズ

0歳の赤ちゃんは、まさに“美しい”

透明感あふれる、なめらかでふっくらとした
白い陶器のような肌。
美しさの道を求め、さらなる美しさを極める女性を
無限の可能性に導きます。
ヤマノ最新の琥珀研究成果に基づき、
ZEROのために深化した
「コハクエキスナノ※1(特許出願中)」配合。
ヤマノのスペシャルエイジングケア※2シリーズ
50代からの深刻な加齢肌に悩む女性たちに、
赤ちゃんのようなハリや弾力のあるお肌へ。

※1 コハクエキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、
ゲットウ葉エキス、アーチチョーク葉エキス(保湿成分)
※2 年齢に応じたケア

研究の成果
RESEARCH RESULTS

episode1
琥珀のエイジング研究

1.琥珀研究の歴史

2006年、琥珀が表皮細胞に働きかけ、お肌の新陳代謝を促進することを発見し、2007年ヒアルロン酸産生を促進することを発見しました。それらをコハクエキスRE※1としました。
2010年、新しい血管をつくる働きがあるため、育毛効果や真皮環境を整える働きを発見しました。それをコハクエキスGR※1としました。

2.琥珀の最新研究成果

2014年、「コラーゲン」に着目し、琥珀研究を行いました。
2015年、新しく「I型コラーゲンを産み出す遺伝子を促進する働き」を発見しました。
赤ちゃんと50代のお肌の違いは、コラーゲンの質が大きく関係しています。真皮中のコラーゲンの80%は、I型コラーゲンで、網目状にはりめぐりバネのような役割をもっています。それが、ハリ弾力を保ちます。
しかし、50代のお肌は、加齢や紫外線などの影響によりコラーゲンが変質します。
50代のお肌は、糖化や酸化が原因で、赤ちゃんのようなハリや弾力が失われてしまうのです。

ヤマノ美容研究所 所長
五十嵐則夫 NORIO IGARASHI

ヤマノ美容研究所 所長 五十嵐則夫

若さを保つには、I型コラーゲンは、とても重要な役割の1つです。

コラーゲンは、ハリや弾力の効果だけでなく、真皮層でうるおいを保つことにも、大きく関わっています。I型コラーゲンは、真皮層を支えるバネですが、その間には、うるおい成分であるヒアルロン酸などが含まれており、そのバネが崩れてしまうとうるおいを保つスペースがなくなってしまいます。また、線維芽細胞が活発に活動できるような環境を整えなくては、新たなコラーゲンやヒアルロン酸が産まれません。コラーゲンやヒアルロン酸を産み出す線維芽細胞を活発にし、I型コラーゲンを強化することが、とても重要です。

episode2
理想の素肌のために着目したのが、
「赤ちゃん肌」

赤ちゃんと50代のお肌の違い

※イラストはイメージです。

ZERO誕生

琥珀研究成果に基づき、
「琥珀エキスナノ※2(特許出願中)」を開発しました。
50代からの深刻な加齢肌を、
赤ちゃんのようなハリや弾力のあるお肌へ
導くためにZEROは誕生しました。

※1コハクエキス(保湿成分)
※2コハクエキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、
ゲットウ葉エキス、アーチチョーク葉エキス(保湿成分)